制作

【こんな絵を描きましたvol.2】数字美人たち(0・1・6&2・4)

お久し振りです。前回の記事を書いてから4か月ちょっとが経ってしまいました。気づけば立冬も過ぎて、感覚的にも季節が冬に移行していっているのを感じます。一年で一番楽しい季節は毎日が昆虫採集の夏であることは間違いないですが、気候的に気持ちが良いのはなんと言っても秋、そして次に丁度今頃でしょうか、冬の最初の方ではないかと私は思います。

さて7月にこんな記事を書いていましたが、そのとき下描きだったもののうち何枚かを描き終えました。画像は一部分ですが、0~9の数字の形を女性に見立てた、少々艶めかしいものもある10枚シリーズです。1月の個展で展示致します。

0の彼女はポップな背景にキュートな顔です。珍しく下睫と、ぷるりな唇の光沢など描いてみました。

この凝脂を火照らせた、とりわけ美人な彼女の黒髪は1の形。湯上りという状況です。

6の彼女は真知子巻のようなものが風に煽られているシーンです。

「2」と「4」は以前別の展示に出したもので、その際にnewsの頁でも紹介したことがあるので全体を載せます。これらの絵が発端となり、今回の個展で0~9までを描くことにしたのでした。

お食後に二つ連なるサクランボ、なところ
かそけし肌の可愛い人

個展は年明け、1月12日~31日まで、日本橋高島屋本店の美術画廊Xにて開催の予定です。追って詳細を書かせて頂きます。もしご興味をお持ち頂けましたら、是非またブログを覗いてみてください。今日は最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。それではまた!

PAGE TOP